自律神経失調症は睡眠障害の原因

 

自律神経失調症とは、交感神経と副交感神経から成り立つ自律神経のバランスが崩れた場合に起こる病気です。

 

通常、交感神経と副交感神経は自動的に切り替わりますが、その切り替えが上手くできなくなっている状態だといえます。

 

交感神経は代謝、消化などの活動に関する働きをし、副交感神経は休息の働きをします。

 

人の身体は半分ずつ交代でこの二つの神経が入れ替わりますが、夜更かしやストレスなどで脳を休める時間が減ると自律神経が興奮し、結果的に交感神経と副交感神経の入れ替わりのバランスが崩れ、自律神経失調症となってしまいます。